協立エアテック 製品紹介

変風量ユニット VAV・CAV変風量ユニット VAV・CAV

『今までにない発想が多くのメリットを実現。さまざまな空間に広範囲に対応できます』

1995年、従来にないメカニズム「可変多孔羽根」を搭載した変風量ユニット VAV・CAVを開発。空調時に発生する空気の偏流を防止し大幅な低騒音化を実現しました。また、2種類(ホットサーミスター・ウインドミル)センサーを採用し、正確な風量感知を可能にしています。さらに空調ユニットシステム・ファスと組み合わせることにより最高の空調状態を創出します。
電子カタログはこちら

製品紹介

丸型・小風量タイプ
(VAV/CAV-MW)
おもな特徴
ウインドミルセンサーは磁気センサー(ホールIC)、軸、軸受けをケースに内蔵させることにより、耐蝕性、耐久性が向上。
また、軸受けに“ボールベアリング”を使用しています。 新規に開発した可変多孔羽根の採用により、騒音の原因であるカルマン渦の発生を最小限に抑え、低騒音を実現。
風速センサー、制御装置などコンパクトな設計。
可変多孔羽根やコンパクト設計の風速センサーにより、圧損を低減。
角形・大風量タイプ
(VAV/CAV-CW)
おもな特徴
L寸法を400に押さえ、厳しい施工にも対応しやすくしました。
内・外部気密、高静圧型、耐蝕、OA、浴室換気仕様などさまざまな特殊仕様に対応できます。
ウインドミルセンサーの搭載により、より正確な風量制御を実現。

主な納品中・納品した建物(順不同/敬称略)

  • 新丸の内ビル(東京)
  • 丸の内パークビルディング(東京)
  • 淀屋橋odona(大阪)
  • ブリーゼタワー(大阪)
  • 和歌山労災病院本館(和歌山)
  • 福岡銀行新本部ビル(福岡)
  • 福岡国際会議場(福岡)
  • 博多ビジネスセンタービル(福岡)
  • 住友生命博多駅前ビル(福岡)
  • 鹿児島裁判所合同庁舎(鹿児島)
  • 他多数
技術研究所 各種お問い合わせはこちら

理想の空調技術を創造するため、各種試験装置を完備した技術研究所(写真左)でさまざまな研究開発を行っています。
クレーム対応・サービスも徹底して実行します。

Page Top